FC2ブログ

いぬだの暇つぶし的ブログ

三十路をすぎて一人暮らしを始めたものの、暇で仕方なく、こんな人間もいるのだということを書いてみようかというブログ。

  • 2019_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_09

タンスのスタンス

まさかのタイトルからダジャレ。

先日、母から電話。

母『箪笥(たんす)を捨てるから手伝って。』

いぬだ『急にどうしたの。』

母『断捨離するの♪』

いぬだ『どこで覚えたそんなこと。』

母『今度の粗大ゴミの日に一緒に持って行って♪』

いぬだ『分かった。』



しかし、どういう心境の変化か。

いぬだ母は、生来の溜め込み人。

『もったいないおばけ』と仲良しこよしの大親友。

その母が、絶対に手放したくないと言っていた箪笥を捨てると。

頭でも打ったんじゃ・・・
(おいおい)


で、粗大ごみを捨てる日。

朝から実家へ。

なにがあったと聞いてみた。

母いわく、

母『箪笥の下敷きにはなりたくない。』

あ、そうなのね。

それに、色々と考えて、体が動く元気なうちに断捨離しようと思ったと。

素晴らしい。

箪笥だけでなく、食器や、2棹あった食器棚も1棹人に譲ったり、

洋服も減らしている様子。

まだ、断捨離初心者だから、とりあえずは、今すぐに判断できるものから手放していく過程。

断捨離ならいぬだの得意分野じゃないかと思われるかもしれませんが、

私から母にアドバイスはしません。

母が質問してきたらそれに答えるというようにしている。

そして、実家に行くたびに、少しずつモノが減っているようなので、

『あ、ここスッキリしたねぇ!』

とか、さりげなく褒めると、ドヤ顔で進捗状況を話してくる母。

すごいねぇ、変わったねぇと言いながら、

母のやる気を無くさせないようにしています。

父と、母のやる気はいつまで続くかなと話しつつ。




ちなみにいぬだ部屋に箪笥はありません。

服はクローゼットという名の押し入れに、

ハンガーラックごと入れています。

タイツなど細かいものは、108円のカゴに立てて。

部屋着や季節外の小物などは、布製のボックス(三段ボックスにつかうような取っ手付きのやつ)に。

それで全部。

いぬ断捨離をする前は、タンスはあって当たり前だったのに、

今では、タンスは無くて当たり前。

着替える時は、押し入れの扉をガラッと開けたらOK。

全ての服が一目瞭然。

どの服にしようかなぁん♪なんて、選ぶほどの枚数も無し。

なので、もし今、タンスを使う生活に戻ったら、

一枚の服を見つけるために、

いくつもの引出しを何度も開け閉めして探すことになりそうで怖いです。

それぞれの引出に、何が入っているかということを

覚えておくという行為そのものを『離』してしまっていますから。

以上が、私の箪笥のスタンスでした♪




写真が無いのもなんなので、

2016042300

ずいぶんと暖かくなったので、おっさん犬も衣替え。

敷物も変わって、気持ちよく爆睡中。

・・・洋服よりも毛皮の衣替えを頑張るように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

  1. 実家のこと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0
スポンサーサイト

父へのプレゼント

大型の台風が近づいてきていますね。
大きな被害が出ないことを祈ります。




20141011_00


先日、ある用事があり実家に行っていました。

いぬだ父は、腰が悪いのですが、歩いたり階段の上り下りなど日常生活には問題ありません。

しかし、この頃ちょっとだけ不便なことがあるとのこと。

なんだろうと聞いてみると、布団から起き上がるのが大変だと。


20141011_01


え、どういうこと?

どうやら腰が痛いのもあるけど、腹筋が弱くなっているらしく。

なにかの拍子に起き上がれなくなることがあると。


20141011_02

それは、困る。

まだ介護なんてやってられない。

そうだ、ここはひとつ、プレゼント作戦で乗り切ろう。

と、いうことで、来年の誕生日プレゼントの前倒しで

電動リクライニングベッドをプレゼントすることに。

父親のためにと、懐を痛めてベッドをプレゼントする娘。

なんて、素晴らしいんだろう。 (←自分で言う)


20141011_03

最初はお値段以上のリアル店舗で購入しようかと考えたのですが。

ネットで調べたら、ほぼ同じ機能なのに2万円近く安いものを発見。

レビューもいいし。

これにしよ。



20141011_04

しかし、一つだけ問題が。

それは、リアル店舗で購入すれば、組み立ても設置も梱包資材の処分も

全て業者が行ってくれるとのこと。

が、ネットで購入した場合、組み立てから設置まで購入した個人で行わなくてはいけない。

しかも、最悪、配送車によっては、車から荷物を降ろす時も手伝っていただく場合があるとのこと。

それに運ぶのは玄関先までと・・・。

ん~困った。

電動ベッドって重いよね。

本体だけで40kgくらいあるし、梱包資材を含めたらもっとだね。

でも、背に腹はかえられぬ。 (二万円大事)

と、いうことで、覚悟を決めてネットで購入。



20141011_07


配送される日時に実家へ行きました。

私が到着して30分後にはベッドが配送されてきたのですが、運転手は一名のみ。

そして、ベッドの段ボールはめちゃめちゃ大きい。

こ、これは・・・


そして冷静に運転手の体型を確認するいぬだ。

(若い、背が高い、腰がしっかりしている、運動をしていたかんじ)

(・・・これならいける!!)

で、意を決して聞いてみる。


いぬだ: あの、その玄関の中まで運んでもらうことって出来ますか?

運転手: え・・・そ、その上までですか?

(いぬだ玄関までは階段が数段あるのです。)

いぬだ:やっぱり難しいですよね。

運転手: ・・・そこまでかぁ。

いぬだ:あ、無理だったらいいんです、手伝いますので。

運転手:いや、大丈夫です!

いぬだ:え!ほんとに!それは助かります!!


と、運転手のプロ意識をくすぐる作戦が功を奏し、ものすごいバランス感覚で

いつもおっさん犬がいるところまで一人で運んでくれました♪

すごいなぁ。

とっても笑顔がさわやかな頑張り屋さんのお兄ちゃんでした。

ありがとう佐〇急便さん。

20141011_08


で、さっきから意味不明なおっさん犬の写真がありますが

これはどういうことかといいますと。

電動リクライニングベッドが梱包されていた段ボールがとてつもなく巨大。

しかも、組み立てもけっこう大がかりだったり。

今までのベッドの解体から新しいベッドの設置に2時間以上かかってしまいました。

その間、おっさん犬はバタバタと走ってみたり、段ボールを破壊するのを手伝ってくれたりと邪魔大活躍でした。

なので、普段は昼寝をしている時間帯にまったく眠ることができず、

全てが終わった後、眠くてしかたがないのに、

いぬだがカメラを構えるものだからなんとか起きてカメラ目線をしようと必至になっているのでありました。

全ては

これ (段ボールの束) ↓

20141011_06

のせいなのでした。




20141011_05

お疲れ、おっさん犬。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

ふぅ、これで一人暮らしも問題なく続けられる。

そう、電動リクライニングベッドのプレゼントは、

父のためにというよりも、

まだまだ自分のことは自分で出来てもらわないと困るんですよね

という思惑もあったりするのです。

そうとも知らず、父は『これ、めっちゃいいやん♪』

と、大喜びでした。

いやぁ、親孝行したなぁ(笑)
  1. 実家のこと
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:6


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

inudamituko

Author:inudamituko
初めまして、いぬだみつこと申します。
よろしくお願いします。
一人暮らしを始めたものの、無趣味・インドア派・彼氏なし、という状況により、暇を弄んでいる三十路を過ぎた乙女座・O型のOLです。
あと、わりと実家の犬でます。

いぬだの暇つぶし的ブログ

ランキングに参加しています

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR